1. 無料アクセス解析
ブログパーツ アクセスランキング

宝塚

どんな分野にも、アイドルは居る。 We Love Idol !!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/07(木)
愛華みれ:女優(元宝ジェンヌ)
愛華みれ4

NEWS:2009/05/07

1985年、宝塚歌劇団に入団。『愛あれば命は永遠に』で初舞台。花組に配属。
1986年『散る花よ、風の囁きを聞け』の薩摩藩士役に抜擢され、縁のある彼女にとってうれしい出世作となる。
『秋…冬への前奏曲』・『春の風を君に』などの新人公演で主演を任されるなどトップ候補として活躍。

1999年、真矢みきの退団に伴い、『夜明けの序曲』で花組トップスターに就任。

2001年、『ミケランジェロ』のタイトルロールを最後に退団。

女優として舞台からテレビなどで活躍
愛華みれ7 ⇒ Ranking

2008年3月21日、『リンパ腫』であることが明らかになり、公演予定の舞台ミュージカル「SEMPO」をキャンセルし、治療に専念することになった。
2008年8月1日に舞台復帰会見。

2008年8月6日のモーニング娘。と宝塚とのコラボ、新宿コマ劇場で「シンデレラtheミュージカル」にて復帰。
シンデレラをいじめる継母役として好演し、モーニング娘。ファンを新たなファンとして獲得する。

2009年1月1日に入籍したことを公式ブログにて公表。

主な出演作品
宝塚時代
1992年 『けれど夢の中で めざめたときに』:マサキ(バウホール公演初主演)
1994年 『ブラック・ジャック 危険な賭け/火の鳥』:ジョイ(東京公演:ケイン)
2番手時代
1996年 『HURRICANE』:オウディ(バウホール主演)
1997年 『風と共に去りぬ』:スカーレット・オハラ
1998年『ヴェロニック』:フロレスタン・ド・ヴァランクール(バウホール主演)
花組トップスター
1998年 『春ふたたび/サザンクロス・レビュー』:藤原道忠
1999年 『夜明けの序曲』:川上音二郎(大劇場トップお披露目公演)
1999年 『タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レビュー'99』:フリオ・デスノイエル
2000年 『源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!』:光源氏
2000年 『~夢と孤独の果てに~ ルードヴィッヒII世/Asian Sunrise』:ルードヴィッヒII世
2001年 『ミケランジェロ ―神になろうとした男- /VIVA!』:ミケランジェロ・ブォナローティ(退団公演)
愛華みれ3 ⇒ Ranking


元日の公式ブログで
「突然ですが、09年1月1日1時1分に、なんと、入籍しました。皆さまへのご報告がこのようになって、申し訳ありません。母の誕生日のこの日、寿になりました」と報告した。
相手は都内でスポーツ治療院を開業しており、07年に知人の紹介で知り合い交際を始め、闘病中の愛華を支えたという。
愛華も「本当に頼りになる、優しい男性」と話している。
#どうせなら、11歳年下なら1並びパーフェクトだったのに。平成21年もちょっとかけるなぁ。
#もうちょっとまって、2011年とか。


NEWS:
2009/05/07:愛華みれ、闘病生活中でも、笑顔で舞台初日


愛華みれ ⇒ Ranking
愛華みれ ⇒ Gravure
愛華みれ ⇒ Gravure
愛華みれ ⇒ Ranking
愛華みれ ⇒ Gravure
愛華みれ ⇒ Gravure
愛華みれ ⇒ Ranking
愛華みれ ⇒ Gravure
愛華みれ ⇒ Ranking



 愛華みれを、応援しよう!→


 【送料無料選択可!】シンデレラ The ミュージカル / モーニング娘。×タカラヅカ


愛華みれ → 人気ブログランキングへ
愛華みれ →  画像を見るには、“続き”を見てください。

愛華みれ → 人気ブログランキングへ
愛華みれ → ブログランキング
愛華みれ  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 愛華みれへ

 愛華みれを、応援しよう!→



スポンサーサイト
2009/05/06(水)
安蘭けい:(元)タカラジェンヌ
安蘭けい0

星組主演男役
在日韓国人3世
安蘭けい1

涼風真世に憧れて宝塚を志し、4度目の受験で宝塚音楽学校合格を果たした。
#中学卒業から高校卒業までの4回の受験の機会がある 。

1989年、宝塚音楽学校入学。
1991年、第77期生として宝塚歌劇団に首席入団。月組『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。
1999年頃、雪組配属。同期の朝海ひかる・成瀬こうきとともにトリオで使われることが多かった。後に「雪組三兄弟」(当時大流行していただんご三兄弟に由来)とも呼ばれる。
2000年、星組に組替え。
2003年には日生劇場「雨に唄えば」でドン役を軽妙に演じる。
「王家に捧ぐ歌」(宝塚版アイーダ)では事実上のヒロイン・アイーダ役を熱演。美しいソプラノでの歌唱を聞かせた。男役がこのようなソプラノで歌うことは極めて珍しい。「ミュージカル」誌では作品がベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門2位、さらに松尾芸能新人賞も受賞(現役ジェンヌでは、初めての受賞)した。
2004年には「ファントム」日本初演でシャンドン伯爵を爽やかに好演。
2005年、主演公演「龍星」を熱演。
安蘭けい3 ⇒ Ranking

2006年には「ベルサイユのばら」が再演され、大劇場と東京でそれぞれオスカルとアンドレを演じた。
 ベルサイユのばら 役替わりステージダイジェスト アンドレ/安蘭けい(DVD)

 ベルサイユのばら 役替わりステージダイジェスト オスカル/安蘭けい(DVD)

本公演でオスカル・アンドレ・フェルゼンと男役が演じる三役全てを演じたことになり、これは宝塚史上初である。
2006年、入団16年目にして待望の主演男役に就任。以来、相手役遠野あすかとのコンビも好評を博す。
2007年、「エル・アルコン-鷹-」(原作・青池保子)では、主演としては異例のダーティー・ヒーローを演じた。
2008年には熱望していた「赤と黒」を上演。
2008年6月、日本初演ブロードウェイミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」(原作:紅はこべ)を上演。同作の作曲家フランク・ワイルドホーンより、「ビューティフルでソウルフル。ブロードウェーの一流の歌手と苦労して作った曲を情熱的に見事に歌ってくれた」と絶賛される。同作品は第34回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞。「月刊ミュージカル」誌でもベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門1位を獲得した。
2009年4月26日、「My Dear My New Orleans~愛する我が街/ア ビヤント」の東京公演千秋楽を最後に退団。

 紋付きはかま姿で大階段を下りた遠野は「宝塚が大好きです。これからは客席から応援します」。同期の春野寿美礼から花束を贈られ、
 「心の中は寂しくて仕方がありません。夢の第1章の幕を閉じますが、第2章が今から幕を開けます。宝塚人生に悔いはありません」
と涙をこらえながらあいさつした。
会見で安蘭は
 「満足感でいっぱいです。第2章に向け、夢と感動を与えられる歌い手、演者になりたい」と話した。劇場外で待つ約8000人のファンの前に姿をみせた安蘭は愛称の「とうこさん!」「ありがとう」の大歓声に手を振ってこたえ、笑顔で劇場を後にした。

2009年4月27日、「The Musical AIDA -宝塚歌劇団「王家に捧ぐ歌」より-」アイーダ役での出演が公表される。


 安蘭けい を、応援しよう!→



 安蘭けい 復刻版DVD-BOX 「ARAN ~HISTORY~」





安蘭けい  → 人気ブログランキングへ
安蘭けい  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

安蘭けい  → 人気ブログランキングへ
安蘭けい  → ブログランキング
安蘭けい  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 安蘭けい

 安蘭けい を、応援しよう!→




2009/01/22(木)
真矢みき:女優・元宝ジェンヌ
真矢みき 3

2008年12月22日、都内区役所に婚姻届を提出していたことが1月20日に分かった。
真矢みき6 ⇒ Ranking


2008年7月1日。2002年に共演した舞台「スターダストin上海」をきっかけに、「舞台の共演から6年間何でも語り合える友達で、その友達の延長線上にこのたび、結婚という形が自然に生まれました」とフィアンセとして、バレエダンサーの西島千博を紹介していた。
真矢みき4 ⇒ Ranking

2008年7月7日、七夕には都内で会見し、昨年3月にプロポーズを受けたことも告白。
ただ、その言葉を聞き逃し、言い直してもらったことなどをおのろけたっぷりに明かしていた。
婚姻届をいつ提出するのかは内緒にしていたものの、真矢は2008年12月から幸せにちなんだ指輪などのデザインにも挑戦。ホームページ上などで作品を発表して評判を呼んでいたが、これが結婚したことのシグナルだったようだ。12月22日は大安だった。

真矢みき5 ⇒ Ranking


 真矢みきを、応援しよう!→


1993年7月7日に、宝塚ホテルで行われた花組の真矢みきのディナーショーを収録した貴重な一本!DVD未発売。■宝塚歌劇花組 真矢みき ~ミキ・イン・パーソン~■



真矢みき → 人気ブログランキングへ
真矢みき → ブログランキング

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 真矢みき

 真矢みきを、応援しよう!→







2009/01/18(日)
和央 ようか(わお ようか):女優・元宝ジェンヌ
和央ようか0

幼少のころからクラシックバレエやピアノ等を習う。
中学時代は走高跳の選手。
帝塚山学院高等学校時代はミュージカル部で活躍。(バレンタインデーに集ったチョコレートの量は母校の伝説となっている。)

友人に誘われて宝塚歌劇に出会い受験。
1988年、宝塚音楽学校を卒業し、宝塚歌劇団に74期生として入団。
初舞台は『キス・ミー・ケイト』。
1988年5月10日、雪組に配属。
1997年雪組2番手。
1998年、宙組の立ち上げメンバーに選ばれ、初代宙組主演男役姿月あさとに次ぐ2番手となる。
2000年6月、全国ツアー公演『うたかたの恋/GLORIOUS!!』で主演男役に就任。
2000年8月、宝塚大劇場でのお披露目公演として『望郷は海を越えて』。
2001年、新人公演で抜擢された『ベルサイユのばら』に再び出会い、主役フェルゼンを華麗に演じた。
2002年、『鳳凰伝~カラフとトゥーランドット』に主演。日本演劇協会賞を受賞。
2004年、第29回菊田一夫演劇賞で『BOXMAN』の演技に対し相手役の花總まりとともに演劇賞を受賞。
2004年、『ファントム』では、宝塚初という異色の仮面の主人公ファントム(エリック)を魅力的に演じ、自身の当たり役とした。
『風と共に去りぬ』ではレット・バトラー。
2004年12月21日、シアター・ドラマシティ公演『W-WING』の上演中にフライングの装置が外れ、2メートルの高さから転落。骨盤、ろっ骨骨折の重傷を負い、同公演および、予定されていたディナーショーが中止になる。(歌劇団発表は全治1ヵ月であったが実際は全治に3ヵ月以上はかかる大怪我だった)
退団公演『NEVER SAY GOODBYE―ある愛の軌跡―』への出演も心配されたが、入院中にも稽古に通い無事開幕。近年稀にみる優秀作品と言われた。ただ、退団公演でもあったが体への負担を考え、和央のダンスシーンは殆ど無かった。 同公演の東京公演千秋楽()をもって退団。
2006年7月2日、東京公演千秋楽をもって退団。
和央ようか1 ⇒ Ranking

2007年1月、青山劇場で退団後初のコンサートとなる『YOKA WAO CONCERT』を開催。 ダンスを中心に復帰をアピール。
2007年12月22日に自身初となる主演映画『茶々 天涯の貴妃』が公開された。
2008年10~11月、シカゴ(ヴェルマ・ケリー役)で宝塚退団後初のミュージカル出演。


2009年2月「SUPER MONKEY-西遊記-」(日生劇場、大阪松竹座)に関して、「体調不良」を理由に降板。公演自体も中止することを1月10日、制作の松竹が発表した。
中川晃教が孫悟空、和央がその分身役でダブル主演し「シルク・ド・ソレイユ」の中国人スタッフが演出する活劇。1月4日からけいこに入り、和央には激しいアクションが求められたが、05年12月に2mの高さから落下し骨盤などを骨折しており、その古傷もあって思うような動きができず、本番への出演は無理と判断。9日にはファンクラブ会員へのメールで降板と無念の思いを報告した。
 松竹では代役も検討したが、
    ・もともと和央と中川のダブル主演で企画が進んだ経緯
    ・和央級の女優を探すのは現時点では困難な状態
    ・チケットが2万枚以上売れている中で和央のファンクラブ会員が約1万枚を購入しており、
    和央の降板で多くの払い戻しも予想。観客動員に影響は必至。
そのため、この日午後、公演中止を決め、都内のけいこ場で中川、阿部力ら出演者にも伝えた。今回の中止で松竹は数千万円の損害となるもようだ。


和央ようか ⇒ Ranking
和央ようか ⇒ Gravure
和央ようか ⇒ Gravure
和央ようか ⇒ Ranking
和央ようか ⇒ Gravure
和央ようか ⇒ Ranking


 和央ようかを、応援しよう!→


 和央ようか 退団記念DVD 「和央ようか/WAO」


和央ようか → 人気ブログランキングへ
和央ようか →  画像を見るには、“続き”を見てください。

和央ようか → 人気ブログランキングへ
和央ようか → ブログランキング
和央ようか  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 和央ようか

 和央ようかを、応援しよう!→





2008/12/30(火)
紺野まひる:女優
紺野まひる11

4歳からクラシックバレエを始める。左利き。
1994年に宝塚音楽学校に入学。
1996年3月29日、宝塚歌劇団に82期生として入団。
月組『CAN-CAN』で初舞台。
1996年5月8日雪組に配属入団1年目に『虹のナターシャ』で新人公演ヒロインを経験。新人公演ヒロインは7回。
2002年に絵麻緒ゆうの相手役として、雪組娘役トップに就任。
劇団の方針で大劇場1作限りでの退団となった絵麻緒との同時退団で、2002年9月23日に宝塚歌劇団を卒業。
2003年に女優として再スタート。
NHKの朝の連ドラ『てるてる家族』では、ヒロイン4姉妹の長女で、フィギュアスケート選手の岩田春子を演じた。

2005年日テレ系列のドラマ『瑠璃の島』に出演することが決まっていたが、船での移動中に転倒事故に遭い腰椎横突起骨折のけがをしたため降板。代役は、同じ事務所に所属の西山繭子が務めた。

テレビ東京の「Film Factory」にて監督業にもチャレンジ。

2009年1月17日スタートの日テレ系「妄想姉妹~文學という名のもとに~」(土曜深夜0・55。初回のみ同1・10)で、日本の文豪による官能作品のヒロインを演じる。役作りについて「主人公に自分を投影して、妄想しています」と気合十分だ。
 「妄想姉妹」は、ある洋館に暮らす美人3姉妹の物語。性格が違う姉妹は「3人の母親は別々なのでは」と疑念を抱いて生活するが、ある日、亡き父から姉妹それぞれに官能小説の名前が記された手紙が届く。姉妹は「自分の母親のヒントがあるのでは」と本を読むうち、いつの間にか“妄想”で作品中のヒロインになっていく…。
虞美人草の藤尾を演じる予定の紺野は、妄想について「女の子同士で集まると妄想話ばかり。本のヒロインに自分を投影させて妄想しています」

紺野まひる9 ⇒ Ranking

2008年11月29日、雲雀丘学園中時代の同級生である会社員男性(JALのパイロット)と結婚。
今後も女優業を続けるという。

紺野まひる ⇒ Ranking
紺野まひる ⇒ Gravure
紺野まひる ⇒ Gravure
紺野まひる ⇒ Ranking
紺野まひる ⇒ Gravure
紺野まひる ⇒ Gravure
紺野まひる ⇒ Ranking
紺野まひる ⇒ Gravure
紺野まひる ⇒ Ranking
紺野まひる ⇒ Gravure
紺野まひる ⇒ Ranking


 紺野まひるを、応援しよう!→


 連続テレビ小説 てるてる家族 総集編(DVD) ◆20%OFF!

紺野まひる → 人気ブログランキングへ
紺野まひる →  画像を見るには、“続き”を見てください。

紺野まひる → 人気ブログランキングへ
紺野まひる → ブログランキング
紺野まひる  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 紺野まひるへ

 紺野まひるを、応援しよう!→



 | Copyright © アイドル。旬なエンタメニュースチェック。 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。