1. 無料アクセス解析
ブログパーツ アクセスランキング

騎手

どんな分野にも、アイドルは居る。 We Love Idol !!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/31(月)
内田博幸:JRA騎手

内田博幸0

日本中央競馬会 (JRA) の騎手。2008年にJCK・大井競馬場(地方競馬)から移籍。

父が体操選手だった影響もあり小学校低学年から体操教室に通う。
自宅の近所に2歳馬の馴致をする施設があり手伝いを通じて競走馬に親しむ機会があった。

その後、当時佐賀競馬の騎手となっていた兄の秀一の縁で当時の佐賀のトップジョッキーであった的場信弘から大井競馬の調教師の松浦備を紹介されて上京。
松浦の厩舎にて1年の修業の後、地方競馬教養センター騎手過程で2年を過ごす。

1989年4月6日にデビュー(ハツマドンナに騎乗、7着)。
1989年5月7日に初勝利を挙げる。当初は松浦備厩舎所属。
1991年12月30日に初重賞勝利。ドラールオウカンに騎乗したロジータ記念。

1995年3月4日、中央競馬の初騎乗は2日間にわたって開催された「ヤングジョッキーズワールドチャンピオンシップ」。

2003年の共同通信杯をラントゥザフリーズで勝利。

2004年には385勝(ほかJRA28勝)を挙げ初の南関東リーディング獲得、同時に初の全国リーディング獲得でNARグランプリ最優秀騎手賞受賞。

2005年は、465勝(他に中央競馬(JRA)で31勝)をあげ、2年連続の南関東リーディングジョッキー。南関東地区の4競馬場(大井競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場、浦和競馬場)全てで各競馬場でのリーディング。
2005年に、通算2000勝を達成。
2005年3月26日に開催されたドバイワールドカップにはアジュディミツオーと共に地方競馬からの初参戦を果たすが6着。
2005年、ニュージーランドトロフィーをマイネルハーティー勝利。
2005年、朝日杯フューチュリティステークスでスーパーホーネットに騎乗。2着。


2006年にはまずアジュディミツオーとのコンビで春の南関東古馬統一GIを完全制覇。
ジャパンダートダービーをも制する。
3月4日の中山競馬で重賞オーシャンステークスを船橋競馬所属のネイティヴハートで16頭立ての14番人気という低評価を覆して勝利。
4月2日の中山競馬で、地方競馬所属騎手として初の12競走中6勝。
7月18日には通算2500勝を達成。これは南関東史上9人目。
8月20日の新潟競馬第7競走でアナナスに騎乗しJRA通算100勝。
9月30日にはJRA年間56勝を達成し、安藤勝己が有していたJRA所属外騎手最多勝記録である55勝を更新。
3年連続400勝突破を達成。
12月の全日本2歳優駿を制し、これが年間500勝目の勝ち鞍となった。
12月18日の浦和競馬場の第11競走で1番人気のトーセンマンボに騎乗して勝利、佐々木の持つ年間505勝の日本記録を遂に塗り替え、最終的には524勝。
有馬記念にドリームパスポートで参戦。同馬にとって初めての馬券圏外となる4着に敗れ去っている。
最終的にJRA年間勝利数を61とし、中央競馬リーディング16位の成績を残した。

2007年2月18日のフェブラリーステークスで、船橋競馬所属のアジュディミツオーに騎乗し14着。
2007年5月6日のNHKマイルカップ(JpnI)ではピンクカメオに騎乗し、初めて中央競馬GI級競走を制覇した。
2007年9月5日に大井競馬場で史上16人目となる地方競馬通算3000勝を達成。

2008年度のJRA騎手免許試験を受験することを宣言。

2008年、中央競馬で2年連続20勝を達成しており、1次試験免除の内規はクリア。
2月上旬に行われた2次試験を受験し、合格。
2月22日には、地方競馬全国協会の騎手として最後の大井競馬場での騎乗。壮行会が行われれた。
2月27日地方競馬全国協会の騎手として最後の騎乗地となった川崎競馬場では「内田博幸騎手を送る会」が行われた。
3月1日付で日本中央競馬会所属騎手となった。

地方競馬全国協会の騎手として最後の騎乗レースはエンプレス杯となり(ラピッドオレンジに騎乗して6着)、地方競馬通算17680戦3153勝の成績を残した。

2008年3月1日付でJRAに移籍。その日の中山競馬第1競走をシャドウランズで制し、2006年の岩田康誠に次ぐ2人目の「NARからの移籍後初騎乗初勝利」を挙げた。
3月6日には船橋競馬でJRA移籍後初めて古巣・南関東に参戦し、3勝を挙げた。
4月27日、レッドアゲートで第43回フローラステークスを制覇。JRA所属騎手として初の重賞勝ちを収めた。
5月7日、船橋競馬・東京湾カップでギャンブルオンミーに騎乗して勝利。移籍後初の南関東公営の重賞制覇。
6月29日にエイシンデピュティで第49回宝塚記念を制覇。JRA所属騎手として初の中央GI勝ち。
10月26日には第69回菊花賞をオウケンブルースリに騎乗して優勝しJRAのクラシック競走初制覇を達成。
12月17日の第59回全日本2歳優駿に勝利。
11月9日には自身初の中央競馬年間100勝を達成。最終的には123勝。関東騎手リーディング1位(全国リーディングは2位)。

2009年1月27日、川崎で行われた佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリに中央美浦所属騎手代表として出場し、初優勝。
シャーガーカップに招待。
146勝を挙げ、中央競馬の総合リーディングジョッキーとなり、騎乗機会も975回のJRA新記録となった。

2010年も年明けの開催4日で8勝を挙。
1月11日の中山第4レースで9頭が巻き込まれる大規模な落馬事故に遭い、後続の馬に蹴られた左前腕部を骨折。
2月21日に復帰。フェブラリーステークス1鞍のみに騎乗し、サクセスブロッケンで3着となっている。

2010年5月30日、第77回東京優駿(日本ダービー)でエイシンフラッシュに騎乗して優勝。ダービージョッキーとなった。

  内田博幸 を、応援しよう!→


 安藤勝・岩田・内田博で毎週3万円浮かす法

内田博幸  → 人気ブログランキングへ
内田博幸  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

内田博幸  → 人気ブログランキングへ
内田博幸  → ブログランキング
内田博幸  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ


  内田博幸 を、応援しよう!→





スポンサーサイト
2010/03/29(月)
武豊:JRA 騎手

武豊0 

(AD)

HMV 楽天市場ストア




日本中央競馬会 (JRA) の騎手。栗東所属で、現在はフリー。身長170.5cm、体重51kg。

NEWS:桜も皐月も絶望的


現在JRAのトップ騎手であり、数々の記録を持ち「天才」と呼ばれることも多い。

妻は元タレントの佐野量子。

武一族の出自は鹿児島の武家(薩摩藩士)であり西郷隆盛とも縁戚関係にある。
また、日本でも有数の競馬一族の出自である。

父の武邦彦は、元騎手・元調教師。
兄(長男)の伸はスポーツライター。
兄(次男)は一般人。
豊(三男)本人。
弟(四男)の武幸四郎も騎手。
祖父の武芳彦は馬主協会元会長。
叔父の武平三は元調教師。
武永祥調教助手は『いとこ』
武英智騎手は『はとこ』

現在、GIおよびJpnI競走通算 中央64勝、地方交流GI17勝(うちJpnI4勝)、海外GI競走7勝。 未勝利の国内平地GIおよびJpnIはマイルチャンピオンシップ、朝日杯フューチュリティステークス(JRA主催分)、かしわ記念


1987年 にデビュー
以後、史上最速・最年少でJRA通算100勝単位の勝利達成を、JRA2900勝まで達成。
2009年12月13日に前人未到の史上初となるJRA通算3300勝を達成(40歳9ヶ月)。

東京優駿(日本ダービー)には、なかなか勝てなかったが、
1998年6月7日、東京優駿(日本ダービー)でスペシャルウィークに騎乗。ダービージョッキーと成る。
1999年6月6日、東京優駿(日本ダービー)でアドマイヤベガに騎乗。史上初、日本ダービー連覇達成。
2002年5月26日、東京優駿(日本ダービー)でタニノギムレットに騎乗。史上初、日本ダービー3勝目。
2005年10月23日、ディープインパクトの三冠(皇帝シンボルルドルフ以来2頭目の無敗三冠)達成で自身も初の同一馬による三冠ジョッキー。

GI・JpnI競走勝利一覧(年度別)(斜字は統一GI・JpnI、太字は海外GI、:*印はJpnIを指す。)

1988年
菊花賞(スーパークリーク)

1989年
桜花賞(シャダイカグラ)
天皇賞(春)(イナリワン)
宝塚記念(イナリワン)
天皇賞(秋)(スーパークリーク)

1990年
天皇賞(春)(スーパークリーク)
安田記念(オグリキャップ)
スプリンターズステークス(バンブーメモリー)
有馬記念(オグリキャップ)

1991年
天皇賞(春)(メジロマックイーン)

1992年
天皇賞(春)(メジロマックイーン)

1993年
桜花賞(ベガ)
皐月賞(ナリタタイシン)
優駿牝馬<オークス>(ベガ)
宝塚記念(メジロマックイーン)

1994年
桜花賞(オグリローマン)
ムーラン・ド・ロンシャン賞(スキーパラダイス)
阪神3歳牝馬ステークス(ヤマニンパラダイス)

1995年
安田記念(ハートレイク)
優駿牝馬<オークス>(ダンスパートナー)

1996年
優駿牝馬<オークス>(エアグルーヴ)
菊花賞(ダンスインザダーク)

1997年
NHKマイルカップ(シーキングザパール)
宝塚記念(マーベラスサンデー)
天皇賞(秋)(エアグルーヴ)

1998年
桜花賞(ファレノプシス)
東京優駿<日本ダービー>(スペシャルウィーク)
秋華賞(ファレノプシス)
モーリス・ド・ゲスト賞(シーキングザパール)

1999年
天皇賞(春・秋)(スペシャルウィーク)
東京優駿<日本ダービー>(アドマイヤベガ)
アベイ・ド・ロンシャン賞(アグネスワールド)
マイルチャンピオンシップ南部杯(ニホンピロジュピタ)
ジャパンカップ(スペシャルウィーク)

2000年
皐月賞(エアシャカール)
ジュライカップ(アグネスワールド)
菊花賞(エアシャカール)

2001年
NHKマイルカップ(クロフネ)
アベイ・ド・ロンシャン賞(インペリアルビューティ)
エリザベス女王杯(トゥザヴィクトリー)
ジャパンカップダート(クロフネ)
香港ヴァーズ(ステイゴールド)

2002年
東京優駿<日本ダービー>(タニノギムレット)
ジャパンダートダービー(ゴールドアリュール)
スプリンターズステークス(ビリーヴ)
秋華賞(ファインモーション)
エリザベス女王杯(ファインモーション)
ダービーグランプリ(ゴールドアリュール)
東京大賞典(ゴールドアリュール)

2003年
フェブラリーステークス(ゴールドアリュール)
ジャパンダートダービー(ビッグウルフ)
エリザベス女王杯(アドマイヤグルーヴ)
全日本2歳優駿(アドマイヤホープ)
東京大賞典(スターキングマン)

2004年
桜花賞(ダンスインザムード)
JBCスプリント(マイネルセレクト)
エリザベス女王杯(アドマイヤグルーヴ)
ジャパンカップダート(タイムパラドックス)

2005年
川崎記念(タイムパラドックス)
高松宮記念(アドマイヤマックス)
皐月賞(ディープインパクト)
東京優駿<日本ダービー>(ディープインパクト)
ジャパンダートダービー(カネヒキリ)
帝王賞(タイムパラドックス)
秋華賞(エアメサイア)
菊花賞(ディープインパクト)
ダービーグランプリ(カネヒキリ)
JBCクラシック(タイムパラドックス)
ジャパンカップダート(カネヒキリ)

2006年
フェブラリーステークス(カネヒキリ)
天皇賞(春)(ディープインパクト)
NHKマイルカップ(ロジック)
宝塚記念(ディープインパクト)
ジャパンカップ(ディープインパクト)
有馬記念(ディープインパクト)

2007年
高松宮記念(スズカフェニックス)
ドバイデューティーフリー(アドマイヤムーン)
天皇賞(秋)(メイショウサムソン)
JBCクラシック*(ヴァーミリアン)
ジャパンカップダート(ヴァーミリアン)
東京大賞典*(ヴァーミリアン)

2008年
フェブラリーステークス(ヴァーミリアン)
天皇賞(秋)(ウオッカ)
JBCクラシック*(ヴァーミリアン)

2009年
ヴィクトリアマイル(ウオッカ)
安田記念(ウオッカ)
帝王賞*(ヴァーミリアン)
JBCクラシック*(ヴァーミリアン)

2010年
川崎記念*(ヴァーミリアン)


武豊2 ⇒ Ranking


NEWS:桜も皐月も絶望的
2010年3月27日<毎日杯>(◇阪神競馬場◇G3◇芝1,800m◇3歳◇出走11頭)に、ザタイキに騎乗。
直線残り200m地点で好位にいたザタイキが突然前につんのめる形で転倒。
落馬した武はターフ(芝馬場)に前方に投げ出され、横向きに芝の上を転がった。後続馬に踏み潰されかねなかった。
すぐに救急車で競馬場内の診療所に運ばれて治療が施された。
11、12Rをキャンセル。(11Rでは、弟の武幸四郎に乗り代わりと言う椿事も。)
翌28日はG1高松宮記念でスズカコーズウェイに乗る予定だったが、他9クラすべて乗り替わり。
ザタイキは左前脚(中手骨)開放骨折で予後不良(安楽死)となった。

#馬は、奇蹄類。中指一本で立っている。コレが骨折してしまうと、立つことができなくなり、安楽死処分しかない。
#剥離骨折や、ひびが入っただけでは、最近の治癒調教技術で、復活可能であるが、開放骨折では、ジ・エンド。

レースから30分以上たった午後4時10分ごろ、武は浴衣を羽織り、診療所から車いすで現れた。
意識ははっきりとしていたが、顔色は青ざめて痛々しい。ザタイキを管理する藤原英師や、同じレースにルーラーシップを出走させていた角居師が悲痛な表情で見守る中、救急車で近隣の病院へ搬送された。
診断は左鎖骨遠位端骨折、腰椎横突起骨折の重傷で、右前腕裂創、頭部と腰部打撲傷も負った。

全治は発表されていないが、4月11日に迫った桜花賞のアプリコットフィズ、4月18日皐月賞のヴィクトワールピサの騎乗は絶望的。
その後のG1戦線も微妙な情勢だ。

武は2008年11月23日の落馬で右腕尺骨骨幹部を骨折した際、28日後の朝日杯FSに騎乗、驚異の回復力を見せた。
1日も早い復帰が待たれる。
#その彼も、41歳。前厄か?


武豊1 ⇒ Ranking

  武豊 を、応援しよう!→



 【送料無料選択可!】ターフのヒーロー14~20th Anniversary Special Edition~ / 武豊


武豊  → 人気ブログランキングへ
武豊  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

武豊  → 人気ブログランキングへ
武豊  → ブログランキング
武豊  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
武豊のDVD-SHOPのショッピング
武豊のBOOK-SHOPのショッピング

  武豊 を、応援しよう!→





2009/08/26(水)
松岡正海(まつおか まさみ):騎手
松岡正海0

JRA(日本中央競馬会)の騎手。神奈川県出身。相沢郁厩舎に所属。

2003年3月1日の中山競馬第12競走でプラチナウィンクに騎乗しデビュー(14着)。
2003年3月23日の中山競馬第12競走でデュエットシチーに騎乗し初勝利を挙げる。
デビュー年は11勝。

2004年は28勝。うち、函館競馬で初の特別勝ちを収めている。

2005年、ダイヤモンドステークスでウイングランツに騎乗し重賞初制覇。
2005年、桜花賞でGI初騎乗
49勝をマーク。

2006年4月1日にはJRA通算100勝。

2006年6月12日からはマイケル・キネーン騎手の紹介により、アイルランドの調教師ジョン・オックス厩舎の元で約3ヶ月間の海外出張を行った。現地では騎乗は2鞍(6着、8着)だったが、馬の身の回りの世話や日本との違いなどを肌で感じ取った。
松岡自身も、「この時の経験が、自分の競馬に対するスタンスを変えた。」と語っている。

2006年9月16日の中山競馬よりJRAのレースに騎乗を再開。

日本復帰後はプリサイスマシーン、 マイネルレーニア、 サンツェッペリン、 アイルラヴァゲインと重賞勝ちを積み重ね、勝負強さを際立たせた。 ⇒ Ranking

松岡正海6

2007年4月15日の皐月賞でも15番人気のサンツェッペリンをハナ差の2着。僅かハナ差で敗れた事に相当悔しがり、検量室前で思わずヘルメットを叩きつけてしまった。

2007年5月13日に12番人気のコイウタでヴィクトリアマイルを制し、JpnI(GI)初勝利。
松岡正海4 ⇒ Ranking

2008年11月3日、公営園田競馬場で開催されたJBCスプリントをバンブーエールで制覇し、交流Jpn競走初勝利を挙げた。

2009年5月3日の天皇賞・春では、マイネルキッツに騎乗。12番人気という低評価を覆し、前走(日経賞)敗れたアルナスラインに競り勝ち見事に制した。
タレントほしのあきが名付け親で有名なハシッテホシーノの主戦騎手に指名された事がきっかけでみんなのウマ倶楽部のレギュラー、木下優樹菜と知合い、「G1で勝ったら、インタビューで(木下の口癖である)『チョリース!』を披露する。」と約束。その後、G1勝利したため約束を実行に移す。しかし、G1とは言え、伝統の天皇賞においてのその行為に批判の声があった。
松岡正海5 ⇒ Ranking

2009年8月26日付のスポーツ新聞各紙にて、タレントの杉浦美帆と12月入籍。2010年2月に挙式の予定であると報じられた。
詳細は、杉浦美帆:「逆女神」返上のゴ-ルインで。
#マイネルキッツで、天皇賞・春を制覇したときは、婚約直後であった。

プライベートではキャバクラ好きで、年間数千万円の収入があるにも関わらず、しばしば担当の税理士から「もう少し稼がないと税金が払えなくなる」と注意されるという。 結婚すれば、少しは変わるかなぁ。

 松岡正臣 を、応援しよう!→


 【競馬ぬいぐるみ】マイネルキッツ(第139回天皇賞):Sサイズ

松岡正臣  → 人気ブログランキングへ
松岡正臣  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

松岡正臣  → 人気ブログランキングへ
松岡正臣  → ブログランキング
松岡正臣  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 松岡正臣

 松岡正臣 を、応援しよう!→






2009/06/14(日)
三浦皇成:JRA所属騎手
三浦皇成0

5歳の時に大井競馬場でのポニー試乗イベントで騎手の格好をしてポニーに乗ったことがきっかけで騎手を目指すようになる。
小学校入学時辺りから騎手を目指してトレーニングを始めるようになる。
器械体操、トランポリン、水泳、キックボクシング、剣道など多くのスポーツを経験する。

;2009年5月17日に放送された「ジャンクSPORTS」では、7歳にして腹筋が割れている写真が紹介された。
三浦皇成1 ⇒ Ranking

2003年全日本ジュニア馬場馬術大会ではファイナルに進出する。
2004年に日本中央競馬会競馬学校の入学試験に合格。
2005年4月より同校へ第24期生として入学した。
2008年2月に卒業するまでの3年間全ての試験で1位を取る。、(なお同期入学は8人)

2008年、2月12日に同校を卒業。
同日に行われた卒業記念模擬レースではジーガーユタカオーに騎乗して2着。
同日の謝恩会では「スポーツマン大賞」を受賞した。
2月14日、2008年度JRA騎手免許試験に合格し3月1日付で騎手免許を交付された。

特に競馬サークルでの縁故のない三浦に河野通文厩舎への所属を提案したのは競馬学校教官の蓑田早人である。

三浦皇成2 ⇒ Ranking

2008年
3月1日に中山競馬場で行われた第1競走で中央競馬初騎乗を迎え、自厩舎のモエレロングランに騎乗して3番人気で6着だった。
同日第10競走の潮来特別を自厩舎のフェニコーンに騎乗して6番人気で勝利し、デビュー当日の3戦目で初勝利を挙げた。
3戦目での特別競走勝利は、1994年の植野貴也と並んで最速タイであった。[レコード]

4月20日に福島競馬場において、1日全12競走への騎乗を達成。
5月24・25日には新潟競馬場においてJRA史上4人目の1節における全24競走完全騎乗を達成した。
両記録はJRA競馬学校卒業生新人騎手では史上初。[レコード]

5月24日に中央競馬史上最速の20勝。[レコード]

7月5日に同最速の30勝を達成。[レコード]

7月6日に31勝となり史上最速でGI・JpnI競走の騎乗が可能となった。[レコード]
7月12日より一般競走では負担重量が3kg減→2kg減(減量印は▲→△)となった。

8月10日に行われた第40回函館2歳ステークスでフィフスペトルに騎乗して優勝。デビュー5ヶ月目で重賞競走を制覇。

8月24日に中央競馬史上最速の50勝。[レコード]
8月30日より一般競走では負担重量が2kg減→1kg減(減量印は△→☆)となった。

9月21日の札幌競馬で通算59勝とした。これで加賀武見(1960年に58勝)を抜き、デビュー年の勝利数で歴代2位となった。
9月28日に騎乗機会8連続連対。(1位は、武豊、安藤勝己が持つ9連続連対。)

10月5日に行われたスプリンターズステークスでプレミアムボックスにてGI初騎乗を最速で果たす(結果は14着)。[レコード]

10月11日の東京競馬場第2レースでマイネルクロッシュに騎乗してデビューからの騎乗回数が555回となり、武豊が持っていた新人騎手年間最多騎乗回数を超えた。[レコード]
さらに同日のメインレース・ペルセウスステークスでバンブーエールに騎乗して勝利。
当日の第7、8、9、11競走と自身初の騎乗機会4連勝を達成。
武豊の持つ新人年間最多勝記録(69勝)に並んだ。[レコード]

10月25日の福島競馬場第1競走2歳未勝利(芝1200m)で所属の河野厩舎アドバンスヘイローに騎乗して70勝目をあげ、新人年間最多勝記録を更新した。[レコード]
札幌競馬場の第2回開催において13勝をマークして開催リーディングを獲得。
福島競馬場第3回開催において14勝を挙げ中舘英二とリーディング争いを演じ、中舘と勝利数で並んだが2着の差で開催リーディングを獲得した。

2009年
2月7日東京競馬場第4競走でインフィニットエアに騎乗して1着となり、JRA通算100勝を達成した。[レコード]
2月8日に通算101勝を挙げたため規定により2月14日から減量騎手ではなくなる。
デビュー1年未満で減量騎手でなくなるのはJRA史上初。[レコード]


騎乗回数に恵まれているのも確かだが、一年未満で100勝すると言うのは、尋常じゃない。
あの武豊かでさえ、一年と一ヶ月かかっているのだから。
これからグレードレースに乗る機会も増えるし、G1/Jpn1で勝たねばならないレースが待っているだろう。今年が鍵だ。

続き”にエピソードがあるので、ぜひお読みください。


 三浦皇成 を、応援しよう!→


 三浦皇成という名の必勝法

三浦皇成  → 人気ブログランキングへ
三浦皇成  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

三浦皇成  → 人気ブログランキングへ
三浦皇成  → ブログランキング
三浦皇成  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 三浦皇成

 三浦皇成 を、応援しよう!→



2009/06/01(月)
横山典弘:JRA騎手
横山典弘0

父は1973年の桜花賞や1971年の春の天皇賞を制した元騎手の横山富雄
兄は元騎手の横山賀一
伯父はJRA調教師の奥平真治
JRA騎手の菊沢隆徳は義弟に当たる。

1986年3月1日、中山競馬第2競走でデビュー(リキアイシンプウ:12頭/3着)。
1986年4月29日の東京競馬第12競走のキオイゴッドで初勝利。

1988年、ウインターステークスでソダカザンに騎乗し重賞初制覇。

1990年、キョウエイタップでエリザベス女王杯を制し初めてのGIタイトルを獲得。
#この時にはゴール板50m手前からガッツポーズを行なってしまい、戒告処分を受けている。

1996年、砂の女王と呼ばれたホクトベガにも騎乗。川崎記念(2勝)、フェブラリーステークス(当時はGII)、帝王賞などの地方交流ダート重賞を制した。
横山典弘3 ⇒ Ranking

1997年はドバイワールドカップでホクトベガに騎乗したが、落馬して競走中止。同馬は予後不良。

1998年にはセイウンスカイとのコンビで皐月賞、菊花賞を逃げ切った。
#ダービーは、取れてない。

2005年11月5日には東京競馬の第2競走で通算1600勝を達成すると、第7競走まで6連勝し、JRAの連続施行競走連続勝利の新記録を達成した。なお、この日の騎乗馬は全て3着以内で馬券に絡んでいる。

2007年10月26日に発表されたJRA競馬学校騎手課程27期生に長男が合格していた。
2007年11月17日には東京スポーツ杯2歳ステークスをフサイチアソートで勝利。同時に4年連続、8度目となるJRA年間100勝を達成した。

2008年6月15日の第25回エプソムカップ(サンライズマックス)で、この年の重賞6勝目を記録。これでJRA重賞競走通算100勝目。
横山典弘4 ⇒ Ranking
#ちなみに、右側の女性は、「サキヨミ」の山本モナ。

2009年5月31日、日本ダービーをロジユニヴァースで勝ち、父も兄も成し得なかったデビュー23年目、15回目のダービー挑戦にして悲願のダービー制覇を達成。「ダービージョッキー」になった。

#ほかの競争に、何とかジョッキーと言うのがいないぐらい、「ダービージョッキー」と言うのは、騎手にとっては、最高の栄誉。毎年生まれる七千頭以上の競走馬の頂点への、ワンチャンス。雪辱の機会と言うのは与えられない。
あの、武豊(1987年デビュー)でさえ、1998年6月7日 スペシャルウィーク で勝つまで成れなかったのだから。

GI競走は通算20勝。

「ノリが吹いたら切れ」という格言が競馬ファンの間にあり、レース前にマスコミ陣に対して多弁になるとそのレースでは負ける事が多い。(自信がないので、から元気?)

ミスタードーナツに来店し、諸事情からショーケース内のドーナツを全て買い占めたことは彼の豪快さを現す有名な話である。
また、重賞を勝利した夜は、飲んでいた店にいる見ず知らずの客全員の代金を支払うこともあった。

田中勝春とパチンコをしていた時に、背が小さく童顔だったことから中学生に間違えられて、既に25歳の子持ちだったにもかかわらず締め出されたことがある。
#馬券情報の斤量は、馬具込みの騎手の体重。56kgとかあるから、想像できるでしょう。




 横山典弘 を、応援しよう!→


 ひと目でわかるJRA騎手166人来るパターン消えるパターン



横山典弘  → 人気ブログランキングへ
横山典弘  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

横山典弘  → 人気ブログランキングへ
横山典弘  → ブログランキング
横山典弘  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 横山典弘

 横山典弘 を、応援しよう!→




 | Copyright © アイドル。旬なエンタメニュースチェック。 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。