1. 無料アクセス解析
ブログパーツ アクセスランキング

タレント

どんな分野にも、アイドルは居る。 We Love Idol !!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/14(火)
ビートたけし:芸人・タレント・映画監督
ビートたけし0

タレント、ビートたけし(62)が7月11日、都内で会見し、自民党から次期衆院選への出馬を要請されている宮崎県の東国原英夫知事(51)と7月10日に会食。
「東に『謝って宮崎に帰れ』って言った」と会談内容を告白した。
“そのまんま知事”を支持した師匠の言葉がよほどこたえたのか、東国原知事は愛知県で行った講演で
「県民の意思もあるので、重視しないと…」と“弱気”発言を漏らした。

東京・六本木のテレビ朝日。たけしは、同局系「ビートたけしのTVタックル」の放送20周年会見に出席。10日夜に東京・銀座の高級レストランで東国原知事と会食したことを11日早朝、日本テレビ系「ズームイン!! サタデー」に報じられただけに、絶妙タイミングで報道陣の前に登場だ。
#そこは、たけし。抜かりはない。

会食について直撃され
「強引に持ってきたね。申し訳ないんですけど、東と会った時は3軒目で、かなりワインを飲んで記憶にないんだよね」と苦笑い。
「ただ、とにかく謝れって言ったような気がする。『早く謝って宮崎に帰れ』と言った気が」と、辛口エールを送ったことを告白。

師匠としては『国政の前にしっかり県政をしなさい』と諭したよう。東国原知事の返答については、「『考えさせていただきます』って言ってたよ」と明かした。

「逆風がすごい。メディアは甘くない」とアドバイスしたと報じられたことには、「(世間の風当たりは)逆風どころじゃない。全部、東の頭の毛がなくなるぞ」と薄毛の弟子を心配し、周囲の支持があってこそを強調した。

その言葉が身にしみたのか、東国原知事はこの日、愛知県春日井市でタレント、みのもんた(64)との対談形式で行った講演で“弱気”発言。
出馬条件とした地方分権推進を「政府にケンカを売るようなもの」とした上で、
「『東国原をつぶせ』というのをすごく感じる。これが霞が関の抵抗。私は吹き飛ばされてしまうと思う」と吐露。
同時に「条件をのんでくれないと国政に行くことはない」と改めて強調した。
#宮崎を、「どげんとせんといかん」のだろ?

自民党の古賀誠選対委員長が7日の再会談時、分権について「前向きに検討」としたことにも、
「一般的な役所言葉では『ほとんどしない』ってこと。検討と実行は全然違う」と指摘した。



 ビートたけし を、応援しよう!→


 ビートたけしのつくり方 DVD-BOX

ビートたけし  → 人気ブログランキングへ
ビートたけし  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

ビートたけし  → 人気ブログランキングへ
ビートたけし  → ブログランキング
ビートたけし  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → ビートたけし

 ビートたけし を、応援しよう!→




スポンサーサイト
2009/06/12(金)
関口宏:司会者
関口宏0

父は俳優の佐野周二
妻は歌手の西田佐知子
息子は俳優の関口知宏

1963年、大映専属の俳優として芸能活動を開始。
1966年、TBS「ヤング720」の司会を松山英太郎(1991年没)、竹脇無我と共に担当。
1971年、フジテレビのトーク番組「スター千一夜」の司会を担当。1975年以降石坂浩二と並ぶメイン司会者として定着。

1976年2月、「関口宏事務所」(現・三桂)を設立。
1979年、月曜19時台のクイズ番組「クイズ100人に聞きました」がスタートした。これが契機となり、8年間担当した「スター千一夜」の司会を坂本九に譲ることとなった。、
以降TBSでの活躍が顕著となる。
関口宏5 ⇒ Ranking

1983年、「わくわく動物ランド」
1987年、「サンデーモーニング」(開始当初は「関口宏のサンデーモーニング」)
など後に長寿番組となる番組がスタート

この頃には出演番組の視聴率が合計で100%を超え、「視聴率男」の異名をとった。

1985年、TBSのドラマ「うちの子にかぎって…パート2」(第2話)で、田村正和や横山やすしと共演をした。
田村とは、1966年放送のドラマ「記念樹」以来の共演。 やすしとは最初で最後の共演でもあった。

1977年、小柳ルミ子の歌った「星の砂」の作詞で日本作詞大賞作品賞を受賞。

ハワイアンミュージックにも造詣が深く、「アロハ・アゲイン」というCD付きブックをプロデュース

芸能界屈指の『鉄』(もけ鉄)。(鉄道模型マニア。) ちなみに、タモリも、筋金入りの『鉄』

関口宏2 ⇒ Ranking

最近のTV出演では「お飾り・冠オーナー」的なポジションにいる事が多く、「御大」的な感じで扱われている。
体力や気力を必要とする番組の仕切りはサブ司会に任せて(東京フレンドパークなど)、ツボの所にだけツッコミを入れていくというスタイルが多い。
関口宏6 ⇒ Ranking

フジテレビのバラエティ番組「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」で、本家の「クイズ100人に聞きました」が放送期間中にも関わらず、バロディ(タイトルは「クイズ5,6人に聞いちゃいました」)がOAされた時に、司会役は関口に扮した内村光良(役名"関ロ宏"せきろひろし)であったが、突然、関口本人が登場し、司会を務めた。本家同様、回答席に寄りかかる独特のポーズをするが、一見同じように見えても本物と比べて高さが低かったらしく、「低いんだよね~」と言ったり、内村に対して司会ぶりや進行をダメ出しをした。

タレント・山田邦子が芸能界に入る際、父は芸能界に入る事を反対しており、山田が芸能界に入るときに懸命に山田の父を説得し、最終的に認められたと言う逸話がある。現在も山田にとっては関口は恩人であるという。

2008年11月の週刊誌に、「新番組『水曜ノンフィクション』の視聴率低迷を理由に、2008年度のギャラの約半分をTBSに返還した」と報じられた。関口は「取材許可のない取材はNG」と取材記者の質問には答えなかった。

「水曜ノンフィクション・関口宏モトをたどれば」は08年10月から放送開始。直後から視聴率は低空飛行を続け、3.6%、3.8%とゴールデンではあるまじき数字も連発した。
番組は今春の改編で終了するとみられていたが、結局、放送時間を「総力報道!THE NEWS」に続く20時台に移行して継続。
しかし、視聴率が上昇に転じることはなく、6月3日の放送でついに2.8%を記録。次回予告を流したのに打ち切り、という異例の事態を迎えることになった。

全23回の平均視聴率は5.7%。関口は別の意味で“新記録”を次々に打ち立てたことになる。「視聴率男」と持ち上げられた、昔の成功体験が、引き際を完全に見誤ったといえる。


 関口宏 を、応援しよう!→


 【送料無料選択可!】
決定版 列島縦断鉄道12 000km 最長片道切符の旅 Vol.1 北海道・東北・信越編 / 鉄道

#息子は、「乗り鉄」みたいですね。

関口宏  → 人気ブログランキングへ
関口宏  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

関口宏  → 人気ブログランキングへ
関口宏  → ブログランキング
関口宏  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 関口宏

 関口宏 を、応援しよう!→






2009/04/30(木)
北野誠:タレント
北野誠0

ラジオなどで不適切な発言をしたとして、所属事務所の松竹芸能(大阪市)から無期限の謹慎処分を受けたタレント・北野誠さん(50)が4月28日、大阪市内のホテルで記者会見した。

会見詳細

安倍彰・松竹芸能社長
「朝日放送ラジオ番組『誠のサイキック青年団』の放送内および関連イベントにおきまして、北野誠の事実に基づかない不適切な発言によって、対象になられた方に多大なる迷惑をおかけし、ご心痛を与えた。ここに深くお詫び申し上げます。特に本来は仲間であるタレントの皆様、その関係者に関する発言があったことは許すべきことではありません。心よりお詫び申し上げます。発言の対象になった方にさらに迷惑をかけることが予想されますので、内容について言及を差し控えさせていただきます。弊社は、20年にわたる北野誠による事実に基づかない、問題を多く含んだ発言を見過ごしてきたことを深く反省しております。

 外部の団体および企業からの強い要請で番組降板、弊社の謝罪が行われたかのような報道がございますが、そのような事実は決してございません。弊社は発言の内容が極めて不適切であることを自主的に判断し、番組降板および会社の謝罪を決定したものです。今後は、人を傷つける芸を根絶すべく社員およびタレントの教育を徹底し、再発を防止したい」

北野誠
「記者会見を開いたのは改めてお詫び申し上げたいからです。『誠のサイキック青年団』の放送内および番組関連イベントにおきまして、事実に基づかない不適切な発言をし、自分と同じ業界で働いているタレントの皆様、皆様が所属するプロダクション関係の皆様、リスナーの皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを改めてお詫び申し上げます。本当にすみませんでした。一部マスコミ報道で、外部の団体および企業からの強い要請により、私の処分内容が決まったかのような報道がありましたが、処分につきましては、私と松竹芸能が協議した結果、謹慎の決定にいたった。本日4月28日をもって、北野誠は芸能活動を謹慎させていただくことを宣言します」

質疑応答
芸能活動を全く辞めてしまうのか:
北野誠:「現時点でやめる、やめないかは分からない。私自身は今回のことを深く反省し、受け止め、反省の日々に入らせていただきたいと思う」

謹慎の期間は:
安倍社長: 「本日から謹慎に入るので期間は全く分かりません」

今の正直な気持ちは:
北野誠:「今年50歳ですが、私自身、いままでの芸能活動を振り返ってみて、至らないところばかりだった。芸能活動、人生も含めて、もう一度見つめ直すためにも、自分が何が至らなかったのか分かるためにも、謹慎処分は自分から申し入れた」

北野誠さんのしゃべりはかなり受けていたという話もあります。それをやめる心境は:
北野誠:「自分自身の芸風は、レッテルとして毒舌家と張られていたし、自分自身も、その言葉にしばられていた。毒舌タレントのキャラを演じなければいけないと、あえて言わなくてもいいことを言うことも多々あった。その中で事実に基づかない不適切な発言をしてしまった。トーク、話芸の未熟さだと思っている」

芸能プロダクションでつくる日本音楽事業者協会(東京)から、調査の依頼を受けて抗議があったのか。一連の事実関係については:
安倍社長: 「3月上旬に番組のリスナー様から朝日放送、音事協様に投書が寄せられまして、弊社に調査依頼があり、その時点から調査した。番組内で不適切な発言をしたことを深く受け止め、検討し、3月中旬に謹慎を内定した。音事協様から抗議を頂き、謝罪した。3月31日に自主退会し、同日、北野誠への謹慎処分を正式に決めた」

誠さんは、不服はなかったのか:
北野誠:「協議した上で自分自身に至らないことが多々あるんだと分かった。何ら不服はありません」

報道されているように、(放送中に)宗教団体への誹謗中傷はあったのか:
北野誠:「まったくございません」
安倍社長:「対象になった人にご迷惑をおかけするので、個別の案件は言及を控えます。」

芸能プロダクションの社長へは:
北野誠:「いえ、ございません」

過去の放送の中で、(発言が)はみだしたのか:
北野誠:「20年間の長きにわたってラジオをしてきたが、事実に基づかない、行き過ぎた発言があったのは事実です。それをきちんと受け止めて反省したい」

過去に山本リンダさんの写真集への発言をめぐって、謝罪会見を行った。今回は2度目だが:
北野誠:「あれから発言には重々注意してきたつもりだが、長年、続けると、慢心、未熟さ、人間的な不徳ができてしまった。もっと日々注意しておかなくてはならなかった」

これから(生活は)どうするのか:
北野誠:「具体的なことは何も考えていない。自分自身とどう向き合うのか。それなりの時間が必要。今は、全く白紙の状態」

収入も減るし、家族にはどう説明したのか:
北野誠:「(涙ぐみながら)処分が決定した時、嫁にも、息子、娘にも、年老いた母親にも、僕が招いた結果なのでしばらく収入は途絶えるかもしれませんが、父親としてこれを受け止めているので辛抱して欲しいと伝えた。つらかった」

みんな承知したのか:
北野誠:「母も嫁もみんな一応、僕の説明で納得してくれました。今はとりあえず、反省の上においてもう一度、再構築したい。家族には迷惑をかけた」

このままの状況はつらすぎるのではないか:
北野誠:「自分は期限を切るつもりも、権利もないと思っている」

松竹芸能の東京の事務所を辞めるという話もあるが:
安倍社長:「それはまったくございません」

待っているファンもいる:
北野誠:「そういうファンがおられるのはうれしいこと。今の状態では、普段の北野誠を表にだすのは無理。心を見つめ直したい」

本日(4月28日)に会見を設定したのはなぜか:
安倍社長:「昨日のラジオ番組をもって、本日から謹慎処分に入る報告と謝罪をかねています。事前に決めていました」

不適切発言については言えないのか。公共放送でしたことを、謹慎処分にするのは大変なこと。それをまったく言えないのは、表現の自由の自主検閲ともいえ、どうかと思うが。:
安倍社長:「対象になった人にご迷惑をおかけするので、個別の件は言及を控えます。誠に申し訳ございません」

~会見終了~

どうも、その日の放送ではなく、前の放送を録音したテープを放送局・事務所に送られ、そちらが引っかかったので、「不適切発言」と言うのが結局わからないという状態のようだ。


 北野誠 、しっかり謹慎してろよ!→




人気ブログランキングくつろぐにほんブログ村 芸能ブログへ






2009/04/12(日)
北野誠:お笑い系タレント
北野誠0

何かと脆弱な子供だった。現在でも、虚弱体質な一面があるという。
学級委員に選ばれたことを機に学校でも有名になり、副生徒会長、生徒会長にも選ばれた。
高校時代は成績優秀で、推薦で京都産業大学に合格。あこがれの、関関同立は、全滅。

高校時代の同級生だった東野博昭(現、構成作家)と共に、漫才コンビ「誠&がっしゃん」を結成。「ヤングプラザ」(朝日放送)、「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ)などの番組に出演。
東野は教員になるべく引退、北野のみ松竹芸能に所属する。
MAKOTOの芸名で活動していたが、北島三郎の息子が、ロックバンド「First Blood」のボーカルMAKOTOとして活動を始めたのを機に、彼に芸名を譲る形で本名の北野誠で活動、現在に至る。

業界のしきたりや慣例、上下関係や礼儀に敏感である。所属事務所では後輩芸人の教育に腐心するなど、面倒見のいい兄貴肌タイプで、給料が100万円の大台に乗った際には、「やっとお金を気にせず、後輩にメシを奢ってやることが出来る。」と語っていた。

コメンテイターとして数々の番組に出演しているが、
 ・自分が話したことに自分で笑うという、芸人が絶対にしてはいけないことをする
 ・他の出演者の発言をすぐに繰り返し言うオウム返しをする。
 ・喫煙者であるため、常にタンをからませながら話す。
 ・また他の人が話している時に「あ゛あ゛ん!」とタンをからませたりしている
(ちなみに北野誠は、ラジオでリスナーに対し「プロ意識を持て!」とよく言っているが、自分はタバコをやめて、少しでもタンがからまないようにしようとする努力をしていないことを批判されている。)
と、あまり良いイメージはない。

トラブル

1981年
映画「ガキ帝国」に出演。公開当時、井筒和幸らとともに大酒を飲み、新宿で交通標識等をその場の勢いで破壊。
井筒監督らは逮捕されたが、別段、警察の追及も無かった北野はそのまま帰京した。
その後しばらくしてから、新聞記事で自身が逃走犯扱いとなっていることを知って焦り、関係者からも「このままでは映画がおじゃんになる」と説得され、四谷署に出頭。
10日ほど留置されるが、初犯であることなどの諸事情を斟酌して不起訴処分となる。
事務所と契約する途中で微妙な時期であったため、最悪契約が破棄されることも含め、自分の行く末が閉ざされるのではないかと不安に陥ったという。不起訴になった時には安堵し、丸ビルを見て落涙した。

タクシーなどは自腹で払っていたが、事務所は移動費を経費として落としている。このことを知らなかった北野は、税務署から連絡が来た際にそのままタクシーは自費であることを告げる。経理部長と税務署に出向いて事情を説明するが、税務署からは口裏を合わせてきたように看做され、辛い思いをする。

1993年
ラジオ番組「誠のサイキック青年団」で、山本リンダのヘアヌード写真集について、
 ・「溶けたアイスクリーム」
 ・「整形手術をしまくっている人造人間の写真集なんか買うな!」
と猛烈にこき下ろしたことに山本が激怒。
名誉毀損として一億円の損害賠償を請求され、同番組のパーソナリティーの竹内義和と共に、マスコミ公開の中で謝罪会見をした。

2004年
大阪ローカルの番組で、ナインティナインの岡村隆史の貯金額を暴露、戸籍を移してない岡村が何ら節税対策もせず大阪府に丸々納税している事に呆れる。
そのことを知った岡村は自身のラジオで「大阪のテレビは洒落にならないことになっている」と驚愕。
このことに対しては北野も反省し、移動中に偶然会った相方の矢部浩之に謝罪したり、
ナインティナインのラジオのジングルに登場したりした。
後に「めちゃ2イケてるッ!」の企画に登場したりするなどしている。

2005年
関西テレビでのテレビ収録において、楽屋に出る弁当が毎回小さかったため、少し大きめの弁当が欲しい旨をスタッフに伝えた。
いったんは了承を得るものの、いつまでたっても小さい弁当のままで、その後、幾度となくスタッフから弁当が小さい事を弁解され、しばらくそのやり取りが続いた。
その後、毎回、同じ事を言ってるのに大きい弁当に切り替わらない事を、北野がスタッフに詰問したところ、開き直るような態度をとられ憤慨。
北野本人としては、何回かに渡り同じ事を要求し、その要求を汲んで了承をしているにも関わらず、改善が全く伝わっていなかった事の憤りであった。
しかし、事務所や周囲からは「弁当が小さくて怒った奴」と受け取られ、さらに詰問したスタッフが女性であったため、「度量の狭い奴」と思われているのではないかと苦悶することになった。

2009年
21年続いたラジオ番組「誠のサイキック青年団」が終了。しかし、もともと3月28日を最終回に予定していたが、3月8日の放送を最後に、告知なしに突然打ち切りられた。朝日放送はこの事態の理由を明かしていない。

#どうやら、番組中、 久本雅美も所属する宗教団体、○○学会の中傷をしてしまったらしい。

突然の繰り上げ終了のため、番組リスナーとのイベントも中止となった。著書「死んだら、あかん!」の出版記念サイン会だけがリスナーと接触を図れる場所だと、自身のブログで訴えていたが、そのサイン会までもが中止となった。
リスナーに参加を切実に訴え、「自分の親父の自殺から…僕の半生を綴った、渾身の一冊です」とまで記していた著書のイベントが、理由も告げられないまま中止となり、多くの憶測を呼ぶ事態となった。

2009年4月10日までに、所属事務所の松竹芸能が、北野に無期限謹慎処分を下す方針を決定した。処分理由は明らかにされていない。
テレビとラジオのレギュラー番組を順次降板する考えである。
今後については未定。
公式ブログ「サイキックブラザーズ1号」は、同年3月29日のエントリーを最後に事前に何の告知も無く閉鎖されている。


 北野誠 よ、KY!→


 北野誠×竹内義和 “濃い口”トークラジオ

北野誠  → 人気ブログランキングへ
北野誠  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

北野誠  → 人気ブログランキングへ
北野誠  → ブログランキング
北野誠  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 北野誠

 北野誠 を、応援しよう!→



 | Copyright © アイドル。旬なエンタメニュースチェック。 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。