1. 無料アクセス解析
ブログパーツ アクセスランキング

内田博幸:ダービー・ジョッキーになる

どんな分野にも、アイドルは居る。 We Love Idol !!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/31(月)
内田博幸:JRA騎手

内田博幸0

日本中央競馬会 (JRA) の騎手。2008年にJCK・大井競馬場(地方競馬)から移籍。

父が体操選手だった影響もあり小学校低学年から体操教室に通う。
自宅の近所に2歳馬の馴致をする施設があり手伝いを通じて競走馬に親しむ機会があった。

その後、当時佐賀競馬の騎手となっていた兄の秀一の縁で当時の佐賀のトップジョッキーであった的場信弘から大井競馬の調教師の松浦備を紹介されて上京。
松浦の厩舎にて1年の修業の後、地方競馬教養センター騎手過程で2年を過ごす。

1989年4月6日にデビュー(ハツマドンナに騎乗、7着)。
1989年5月7日に初勝利を挙げる。当初は松浦備厩舎所属。
1991年12月30日に初重賞勝利。ドラールオウカンに騎乗したロジータ記念。

1995年3月4日、中央競馬の初騎乗は2日間にわたって開催された「ヤングジョッキーズワールドチャンピオンシップ」。

2003年の共同通信杯をラントゥザフリーズで勝利。

2004年には385勝(ほかJRA28勝)を挙げ初の南関東リーディング獲得、同時に初の全国リーディング獲得でNARグランプリ最優秀騎手賞受賞。

2005年は、465勝(他に中央競馬(JRA)で31勝)をあげ、2年連続の南関東リーディングジョッキー。南関東地区の4競馬場(大井競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場、浦和競馬場)全てで各競馬場でのリーディング。
2005年に、通算2000勝を達成。
2005年3月26日に開催されたドバイワールドカップにはアジュディミツオーと共に地方競馬からの初参戦を果たすが6着。
2005年、ニュージーランドトロフィーをマイネルハーティー勝利。
2005年、朝日杯フューチュリティステークスでスーパーホーネットに騎乗。2着。


2006年にはまずアジュディミツオーとのコンビで春の南関東古馬統一GIを完全制覇。
ジャパンダートダービーをも制する。
3月4日の中山競馬で重賞オーシャンステークスを船橋競馬所属のネイティヴハートで16頭立ての14番人気という低評価を覆して勝利。
4月2日の中山競馬で、地方競馬所属騎手として初の12競走中6勝。
7月18日には通算2500勝を達成。これは南関東史上9人目。
8月20日の新潟競馬第7競走でアナナスに騎乗しJRA通算100勝。
9月30日にはJRA年間56勝を達成し、安藤勝己が有していたJRA所属外騎手最多勝記録である55勝を更新。
3年連続400勝突破を達成。
12月の全日本2歳優駿を制し、これが年間500勝目の勝ち鞍となった。
12月18日の浦和競馬場の第11競走で1番人気のトーセンマンボに騎乗して勝利、佐々木の持つ年間505勝の日本記録を遂に塗り替え、最終的には524勝。
有馬記念にドリームパスポートで参戦。同馬にとって初めての馬券圏外となる4着に敗れ去っている。
最終的にJRA年間勝利数を61とし、中央競馬リーディング16位の成績を残した。

2007年2月18日のフェブラリーステークスで、船橋競馬所属のアジュディミツオーに騎乗し14着。
2007年5月6日のNHKマイルカップ(JpnI)ではピンクカメオに騎乗し、初めて中央競馬GI級競走を制覇した。
2007年9月5日に大井競馬場で史上16人目となる地方競馬通算3000勝を達成。

2008年度のJRA騎手免許試験を受験することを宣言。

2008年、中央競馬で2年連続20勝を達成しており、1次試験免除の内規はクリア。
2月上旬に行われた2次試験を受験し、合格。
2月22日には、地方競馬全国協会の騎手として最後の大井競馬場での騎乗。壮行会が行われれた。
2月27日地方競馬全国協会の騎手として最後の騎乗地となった川崎競馬場では「内田博幸騎手を送る会」が行われた。
3月1日付で日本中央競馬会所属騎手となった。

地方競馬全国協会の騎手として最後の騎乗レースはエンプレス杯となり(ラピッドオレンジに騎乗して6着)、地方競馬通算17680戦3153勝の成績を残した。

2008年3月1日付でJRAに移籍。その日の中山競馬第1競走をシャドウランズで制し、2006年の岩田康誠に次ぐ2人目の「NARからの移籍後初騎乗初勝利」を挙げた。
3月6日には船橋競馬でJRA移籍後初めて古巣・南関東に参戦し、3勝を挙げた。
4月27日、レッドアゲートで第43回フローラステークスを制覇。JRA所属騎手として初の重賞勝ちを収めた。
5月7日、船橋競馬・東京湾カップでギャンブルオンミーに騎乗して勝利。移籍後初の南関東公営の重賞制覇。
6月29日にエイシンデピュティで第49回宝塚記念を制覇。JRA所属騎手として初の中央GI勝ち。
10月26日には第69回菊花賞をオウケンブルースリに騎乗して優勝しJRAのクラシック競走初制覇を達成。
12月17日の第59回全日本2歳優駿に勝利。
11月9日には自身初の中央競馬年間100勝を達成。最終的には123勝。関東騎手リーディング1位(全国リーディングは2位)。

2009年1月27日、川崎で行われた佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリに中央美浦所属騎手代表として出場し、初優勝。
シャーガーカップに招待。
146勝を挙げ、中央競馬の総合リーディングジョッキーとなり、騎乗機会も975回のJRA新記録となった。

2010年も年明けの開催4日で8勝を挙。
1月11日の中山第4レースで9頭が巻き込まれる大規模な落馬事故に遭い、後続の馬に蹴られた左前腕部を骨折。
2月21日に復帰。フェブラリーステークス1鞍のみに騎乗し、サクセスブロッケンで3着となっている。

2010年5月30日、第77回東京優駿(日本ダービー)でエイシンフラッシュに騎乗して優勝。ダービージョッキーとなった。

  内田博幸 を、応援しよう!→


 安藤勝・岩田・内田博で毎週3万円浮かす法

内田博幸  → 人気ブログランキングへ
内田博幸  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

内田博幸  → 人気ブログランキングへ
内田博幸  → ブログランキング
内田博幸  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ


  内田博幸 を、応援しよう!→





* 内田博幸  →  YouTube



内田博幸  →  画像

内田博幸1
内田博幸2 click
内田博幸3
内田博幸4


人気ブログランキングくつろぐにほんブログ村 芸能ブログへ
スポンサーサイト

タグ : 内田博幸 騎手 南関東公営 中央競馬 JRA ダービージョッキー

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © アイドル。旬なエンタメニュースチェック。 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。