1. 無料アクセス解析
ブログパーツ アクセスランキング

仲村みう :電撃引退

どんな分野にも、アイドルは居る。 We Love Idol !!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/24(月)
仲村みう:グラビアアイドル
仲村みう8

公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重 157 cm / 41 kg
BMI 16.6(低体重)
スリーサイズ 82 - 53 - 80 cm
ブラのサイズ B[1]
靴のサイズ 24.5 cm

#略歴は、仲村みう :グラビアアイドルを参照してください。


14歳でデビューしたグラビアアイドル、仲村みうが、グラビア引退宣言をした。
仲村みう20

2009年8月20日、ブログで、
「本当にごめんなさい」と題した記事を投稿し、グラビア引退の突然の報告を詫びた。
しかし、
「それでも仲村みうはグラビアを引退しても、何も変わらぬ仲村みうでありたいと思っています」
「欲張りかもしれませんが、皆さんにも変わらず応援していただけたら幸いと思います」
とあり、エンターテイメント活動は、続けるようだ。

週刊誌「フライデー」(9月4日号)の記事によると、仲村は
「文章で自分を表現することに興味が移って」
きたために、今後は文章を書く仕事をメインにしたい考えという。

雑誌をはじめとするメディアへの撮影済みグラビアの掲載はしばらく続く。 8月22日にアイドルファクトリーからイメージDVD『Miu Final 1/3』、9月5日には講談社からラスト写真集『グラビア引退記念写真集 みうの居た季節』を発売。「今までにないほどさわやかな内容」(本人談)とのこと。

ちなみに、所属事務所は、エートップ(取締役兼任)。セルフ・プロデュースの能力を買い、同世代の目から、後輩たちをプロデュースしてほしいということで、権限と責任を付与するため取締役に抜擢された。
#会社意思決定の一翼を担うのと、雇われ部長じゃ、文字通り格が違う。
仲村みう16 ⇒ Ranking

日刊サイゾー独占インタビューを読みたい方は、“独占インタビュー”を見てください。

仲村みう、グラビア引退 今後は文章で自分を表現
 現在発売中の写真週刊誌『FRIDAY』で引退を発表したタレントの仲村みう(18)が自身のブログでも..........≪続きを読む≫


仲村みう ⇒ Ranking
仲村みう ⇒ swimsuit
仲村みう ⇒ Gravure
仲村みう ⇒ Gravure
仲村みう ⇒ swimsuit
仲村みう ⇒ Gravure
仲村みう ⇒ Ranking
仲村みう ⇒ swimsuit
仲村みう ⇒ Gravure
仲村みう ⇒ Ranking

 仲村みう を、応援しよう!→


  【新品】アイドルDVD 仲村みう/聖少女-MUTEKI未成年-

仲村みう  → 人気ブログランキングへ
仲村みう  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

仲村みう  → 人気ブログランキングへ
仲村みう  → ブログランキング
仲村みう  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 仲村みう

 仲村みう を、応援しよう!→






*仲村みう  →  YouTube



仲村みう  →  画像

仲村みう9
仲村みう13
仲村みう15


日刊サイゾー独占インタビュー

 8月21日発売の「フライデー」(講談社)9月4日号において、8月15日付での「グラビア業からの引退」を表明したグラビアアイドル・仲村みう。
現在発売中の「ヤングマガジン」(講談社)など、今でも多数の雑誌で表紙やグラビアを飾っているほど人気のある彼女が、わずか18歳でなぜ「グラビア引退」なのか? 妊娠? 結婚? それともまさかの......!?

 14歳で芸能界入りし、これまで数々の話題を振りまいてきた彼女に、その真相を直撃した。

──ズバリ、なぜグラビアを辞めようと?

仲村みう(以下、仲) もうグラビアでやりたいことはやり切ったなって思ったんです。このままダメになるまでズルズル続けるのはイヤだから、今のいい時期のうちに辞めておこうかなって。「CONTINUE」(太田出版)でコラムを書いたりと文筆業もやらせていただいて、自分の中で良い感触もあったので。悔いはないです。仲村みうにしかできないこと、例えば写真集『制服放浪記』(07年7月発売、ワニブックス)でのファンの方のお宅での水着撮影だとか、特殊なこともさせてもらったし、楽しかったですよ。

──「18歳でグラビア引退」というのは、アイドルとしてかなり早いですね

仲 なんでもフライングして生きていきたいんです。いつでも私はフライング人生なので。14歳でグラビアデビューした時もそうだったし、いつも周りにいる同い年の誰よりも先に進んでたいんです。だから、グラビア引退もフライング気味にしたくて。

──以前から時期は決めてた?

仲 はっきりは決めてなかったけど、ハタチ前には、って考えいて。それはデビューした頃からです。8月15日という日付は、ちょうど4年前に今の事務所の人に初めて会った日でもあるんですよ。

──ファンの中には、まだまだ仲村さんのグラビアを見たい、という人もいると思います。

仲 それはグラビアでしか見れないことなのかな、と思います。グラビア以外でも見せ方はあるんじゃないかなって。まだそれがなんなのか、具体的にはわかってないですけどね。グラビアという手法だと、私の場合、自分を最も良く見せられるのがハタチまでだと思ってるんです。そしてそれは、ファンの方々もキレイなままの私を記憶として保存してくれる年齢なんじゃないかなって。やり続けていたらきっと、「あの頃のが良かったな」って言われる時が来るから。

──もしかしたら、「これを機に結婚?」という噂も広まりそうですが。

仲 いやいや、私の場合、その前に「妊娠か!?」って言われますよ(笑)。むしろ「もう結婚してます! 子ども2人もいます!」って言っちゃおうかな、とか(笑)。でも、いろいろ言われちゃうんだろうなー。何を言われても気にしないようにします!

──「AVデビュー?」とも噂されそうですね。

仲 いやいや、絶対ないですから!! でも、絶対「MUTEKIでデビュー!?」とかって言われますよね。それには、「もう出ました」って答えます(笑)。【編註:09年3月発売のイメージDVD『聖少女-MUTEKI未成年』(アイドルファクトリー)のこと】 いやでも、AVはほんとにないので大丈夫ですよ!! それにしても、グラビアをやめるってことで、こういう発言を自由にできるっていうことが何よりも嬉しくてしょうがないんですよ! 何を言っても怒られない。グラドルって、一応世間的に言っちゃいけないことってあるじゃないですか?

──今までも、結構自由に発言してたイメ-ジがあったんですが......。

仲 でも、それなりに気を使ってたんですよ?(笑)

──グラビアを続けながら、並行して文筆業もやっていくという選択肢はないのでしょうか?

仲 どっちもやろうとしたら、いずれ両方失うことになると思うんです。アイドルという肩書きに文筆業が付随するのなら、アイドルがダメになった時に文筆業もダメになっちゃう。逆も同じ。それに、どっちもやっていくと、たぶんどこかで自分がいっぱいいっぱいになっちゃう気もします。

──不安はないですか?

仲 はい! なるようになるかなって。私、まだ若いと思うし。だから、今の時点でそこまで今後のことが定まってなくてもいいんじゃないかな、とも思います。私、わりとなんでもスパッと止めちゃうほうなんですよね。ゲームでもそう。クリアできてなくても、それ自体には悔いはないんです。「自分は、できてここまでだったんだ」って、諦めをつけるのが早い。自分の中のそういう「衝動」だけは信じてます。それだけでなんとかやっていける自信もあります。

──具体的に、文筆業以外にもやりたいことが?

仲 書きものの仕事をやりつつ、ほかにやりたいことを見つけていきたいですね。女優や歌手の方向に進むのかも、今は特に決めてないです。やめると明確に決めたのはグラドルだけで、皆さんがかまってくれる限りは(笑)、人前に出て存在し続けたいです。

──ご自身もアイドル好きで有名な仲村さんですが、今後は「アイドル」ではなくなってしまうんでしょうか?

仲 もともとアイドルって気はさらさらないですけど(笑)。世間的には私はグラドルだと思うんですけど、「アイドル」みたいなそんなかわいいもんじゃないです。アイドルって呼んでいただくのは嬉しいけど、でも明らかに私のこの性格は「アイドルじゃないだろ!」って思います。アイドルっていうのは、もっと完璧な人のこと、尊いものなんです! 私がアイドルなんて、夢のまた夢ですよ。

──では、今後の肩書きは?

仲 「自由人」とか「なんでも屋さん」とか?(笑)

──ご自身のグラビアのキャリアの中で、やってよかったと思えるお仕事はありますか?

仲 どれかひとつを取り上げて、良かったとか悪かったとかっていう仕事はないんです。常に満足しないで向上心を持ってやってきたから......。でもしいて言えば、そもそもグラビアを始められたこと自体、ですかね。誰にもできる経験じゃないし、いいタイミングでU-15ブームに乗れたし、児童ポルノ法が話題になる直前に自分の年齢がU-17じゃなくなったし(笑)。運が良かったなって思います。やり残したこともないです!

──グラドルを4年間やって、自分の中で変わったなって思うところは?

仲 大人になりましたよー。私、ロケが大嫌いなんです。周りの大人が浮かれてるのがイヤで......(笑)。私って普段からあまり食べないんですね。なのに「みうちゃんどうしたの? 食べて食べて」って心配されて、勧められると食べなきゃいけなくなるから。昔はそれでも食べなかったんですけど、今はちゃんとその食べたくないご飯を食べるようになりました(笑)。

──すぐに「グラビア復活!!」なんてことはないですか?(笑)

仲 いまのところ、全然考えてないです!!

──では最後に。仲村さんにとって「グラビア」とはなんですか?

仲 私にとってグラビアとは、「惣流・アスカ・ラングレー」です! 「もっと私を見て!」って言ってるクセに、心の中では「私の心を覗かないで!」って叫んでる。そういう矛盾した存在ですね。でも、ほんとにやって良かったと思ってます。誰でもできるわけじゃないから。フライング人生として、いい経験ができたかなって。
(取材・文=岡島紳士[http://oshinshi.web.fc2.com/])



人気ブログランキングくつろぐにほんブログ村 芸能ブログへ

スポンサーサイト

タグ : 仲村みう グラビアアイドル 14歳デビュー 事務所取締役兼タレント MUTEKI

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © アイドル。旬なエンタメニュースチェック。 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。