1. 無料アクセス解析
ブログパーツ アクセスランキング

山本徳郁:神の子“KID”、離婚

どんな分野にも、アイドルは居る。 We Love Idol !!
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/03(木)
山本徳郁:総合格闘家
山本“KID”徳郁0

通称:「神の子」 山本“KID”徳郁(やまもと"キッド"のりふみ)

祖父:水泳のオリンピック選手
父:山本郁榮 ミュンヘンオリンピックレスリング・グレコローマン日本代表
姉:美憂 世界レスリング選手権大会を制覇
妹:聖子 世界レスリング選手権大会を制覇

2004年にモデルのMALIA(新保真里有)と結婚し、3人の子供をもうける。
2009年8月に離婚。子供はMALIAが引き取った。→NEWS

山本“KID”徳郁1 ⇒ Ranking

戦歴
幼い頃よりレスリング(フリースタイル)で活躍。
全日本学生選手権優勝(フリースタイル58kg級)
全日本選手権2位(フリースタイル58kg級)

総合格闘家に転向。義兄のエンセン井上に師事。
2000年に第7回全日本アマチュア修斗選手権大会ライト級で優勝。
2001年にプロデビューし修斗で活躍、ライト級世界ランク2位。

2002年9月16日、プロフェッショナル修斗公式戦においてレフェリーストップがかかったにもかかわらずレフェリーの制止を無視し相手の勝田哲夫選手を殴り続ける暴挙を働いたため120日間のライセンス停止処分を受ける。
このレフェリーストップ後も攻撃をやめない悪癖はK-1転向初期にもしばしば見られた。

2003年12月14日、修斗で修斗世界ライト級チャンピオンシップで対戦予定であったが、練習中に右手人差指を骨折し、全治2か月となり欠場した。

2004年2月24日、K-1初参戦となる「K-1 WORLD MAX 2004 〜日本代表決定トーナメント〜」
1回戦で村浜武洋と対戦。1Rに1度、2Rに2度ダウンを奪い、2R2分38秒KO勝利。
だが、試合前から負傷していた右手第二中指骨を骨折し、準決勝を棄権した。

トニー・バレント、安廣一哉、ジャダンバ・ナラントンガラグを総合ルール(安廣のみミックスルール)にて一本・KO勝ち。

2004年12月31日のK-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!で対戦。
1Rに魔裟斗からダウンを奪った直後、金的を貰いダウン。リプレイが流れた会場では悲鳴が上がるほどのダメージを受け、実況席からも続行は無理と言われる程であった。また、完全に視線が下にいっている魔裟斗のリプレイ映像を見て解説の船木誠勝が故意であることを匂わせる発言をした。インターバルの後に試合は再開されたものの、精彩を欠いたKIDは2Rにダウンを取り返され、判定負け。
 【送料無料選択可!】K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!! / 格闘技
自分の目で、確かめろ。


2005年3月3日のHERO'S参戦が発表されるも、怪我のため、3月26日のHERO'S旗揚げ戦は欠場となった。

2005年5月4日、K-1 WORLD MAX 2005にスーパーファイトで出場。しかしマイク・ザンビディスに生涯初のKO負けを喫した。

2005年7月6日、HERO'S 2005にスーパーファイトで出場。イアン・シャファーと対戦し、TKO勝利。

2005年9月7日、HERO'S 2005 〜ミドル級世界最強王者決定トーナメント〜準々決勝でホイラー・グレイシーを右フック一発でKO、準決勝で宇野薫をパンチで出血させ、TKO(レフェリーストップ)勝ち。

2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!にてトーナメント決勝を須藤元気と対戦し、1RKO勝ち。HERO'Sミドル級王者となり、初のベルト戴冠となった。

2006年2月17日、修斗代々木大会に出場した同門の菊地昭の試合後にドクターチェック中であった中山健児リングドクターに対し暴言を吐いた上、足先で臀部を小突いた。
2月21日、事態を重く見た日本修斗協会は、山本に修斗全公式戦会場立入禁止、山本が代表を務めるKILLER BEE所属全選手および関係者へ修斗全公式戦出場停止処分を下した。
2月22日にKIDが中山リングドクターに謝罪し和解。
3月6日付けでインターナショナル修斗コミッション(ISC)よりKIDへの無期限ライセンス不許可処分およびKILLER BEEへの厳重注意処分を受けた。
10月12日にKIDがISCおよび日本修斗協会に謝罪し、10月13日付けで無期限ライセンス不許可処分が解除された。

2006年5月3日、HERO'Sで宮田和幸と対戦し、開始4秒の跳び左膝蹴り一発でKO勝ち。この膝蹴りで宮田は下顎骨を骨折する重傷を負った。

2007年9月17日、HERO'Sでビビアーノ・フェルナンデスと総合格闘技復帰戦を戦い、判定勝ち。

2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!でハニ・ヤヒーラと対戦。左フックでKO勝ち。ヤヒーラがダウンした後の頭部へのサッカーボールキックに対してイエローカードが提示された。

2008年7月21日、DREAM.5でジョセフ・ベナビデスと対戦予定であったが、練習中に右膝前十字靭帯を断裂し、欠場となった。

2009年5月26日、約1年5か月ぶりの復帰戦となるDREAM.9のフェザー級グランプリ2回戦でジョー・ウォーレンと対戦し、判定負け。

2009年7月13日、約4年2か月ぶりのK-1参戦となるK-1 WORLD MAX 2009でチョン・ジェヒと対戦し、1Rに右アッパー、左フックの連打を受け失神TKO負け。

#怪我が多いね。

山本“KID”徳郁2 ⇒ Ranking



NEWS
格闘家の山本“KID”徳郁(32)とモデルのMALIA(新保真里有さん=26)が3日までに、それぞれのブログで離婚を発表した。3人の子供は真里有が引き取るという。

真里有さんは3日付のブログで、
「私、新保真里有は山本“KID”徳郁さんと離婚しました」
「日々の結婚生活の中で、将来の方向性や考え方に少しずつ違いを感じるようになり、何度も何度もたくさんの時間をかけて話し合い、お互いの未来のために別々の道を歩んで行く事を選択しました」
と明かした。

山本も2日深夜に更新したブログで
「理由は俺が100%悪いんだけど。俺のだらしなさ、そしてマリアが大変なときに友達とばっか遊んでて助けてやれなかった」
「マリアはすごく真面目でいいママなんだけど、俺はただ子供と楽しむだけで教育の出来ないバカなパパだったよ」
と反省していた。

もっとも2人のブログを読むと、未練はありあり。
真里有さんのブログには
「彼と過ごした6年間はキラキラとした毎日で素敵な思い出がたくさんあります」。

山本のブログには
「これからもマリアしか愛せない。またマリアと結婚してみせる!」

子供との接し方、子育てで、齟齬があったんだと思う。
子供が大きくなったら、再婚ではないが、パートナーとなるかもしれない。

 山本“KID”徳郁 を、応援しよう!→


 「神の子」山本”KID”徳郁~世界王者へ

山本“KID”徳郁  → 人気ブログランキングへ
山本“KID”徳郁  →  画像を見るには、“続き”を見てください。

山本“KID”徳郁  → 人気ブログランキングへ
山本“KID”徳郁  → ブログランキング
山本“KID”徳郁  →  YouTubeを見るには、“続き”を見てください。

グッズ・ショップは、こちら。
アイドル。旬なショッピングモール。へ
ショッピングモール → 山本“KID”徳郁

 山本“KID”徳郁 を、応援しよう!→








*山本“KID”徳郁  →  YouTube

#どうも調子が悪い。調整中。

山本“KID”徳郁  →  画像

山本“KID”徳郁3
山本“KID”徳郁4
山本“KID”徳郁5
山本“KID”徳郁6

人気ブログランキングくつろぐにほんブログ村 芸能ブログへ

スポンサーサイト

タグ : 山本“KID”徳郁 神の子 MALIA 離婚

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
山本徳郁:神の子“KID”、離婚 2004年にモデルのMALIA(新保真里有)と結婚し、3人の子供をもうける。 2009年8月に離婚。子供はMALIAが引き取った。→NEWS ⇒ Ranking 戦歴幼い頃よりレスリング(フリースタイル)で活躍。 全日本学生選手権優勝(フリースタイル58k...
2009/09/06(日) | 選挙には行かない
山本"KID"徳郁と離婚したMALIAさん(新保真里有)って・・・ 山本"KID"徳郁と離婚したMALIAさん(新保真里有)って・・・恥ずかしながらこの件でMALIAさんのことを初めて知ったのですが・・・名前、顔つきからしてこの方はハーフかクオーターですか?...
2009/09/07(月) | 今日の芸能ニュース・時事ニュース

 | Copyright © アイドル。旬なエンタメニュースチェック。 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。